京都市交通局

【現行・誘導サイン】藍地に白文字・LED照明―オーソドックスな現代的雰囲気

京都市交通局現行?サイン京都駅にて

京都市交通局の現行誘導サインは、藍字に白文字で日英表記が書かれたシンプルなもの。

この藍地+白文字という配色は東京メトロ・小田急・相鉄・京阪・横浜駅共通サインなど、 非常に広く使用されている、いわば案内サインとしては非常にオーソドックスな配色です。
屋内や地下などの太陽光が届きにくい場所の案内表示に特によく使用される傾向にあります。

(特にこの京都市交通局サイン、文字・ピクトグラムのサイズ感からして横浜駅共通サインには非常によく似ています。)

ただこの現行サイン、普及率が非常に低く、京都市営地下鉄の大半の駅ではまだ目にすることができません。
後述するような旧態依然のサインが未だ多くの駅で見られます。

現行サイン
【フォント】和文:新ゴ


1枚の案内板にフォントが入り乱れる…の図

右図は四条駅の壁貼りサインボード。

一見普通の案内サインなのですが、よく見ると欧文フォントが何故か2種類混在している状態になっています。

まず「for Karasuma Oike, Kitaoji,~」の部分はClear Tone SG。 一方でそれ以外の英語表記や数字表記はHelveticaでの表記に。

これは推測にすぎませんが、おそらく和文のフォントであるモリサワUD新ゴの従属英文である Clear Tone SGで「for Karasuma Oike~」の部分を表記してしまったのだろうと思われます。

ただ、必然性のない書体併存はあまり適切ではないでしょう。(そもそもこのような細かい差異に目が行く利用者 がいるかといえばまた別の話ですが…汗)

現行サイン…?
【フォント】
和文:UD新ゴ
欧文:ClearToneSG(for Karasuma~の部分のみ)・ Helvetica(それ以外の箇所)


【現行】駅名標(烏丸線)

ここまで取り上げてきた誘導サインでは至って一般的なモダンゴシックが採用されていましたが、 何故か駅名標には改良の手は回らなかったようで、今日に至るまでやや時代を感じる雰囲気のモノを使用しています。

【フォント】
和文:ゴシック4550・新ゴ(副駅名)
欧文:Universe・Helvetica(後期開業区間)